FC2ブログ

TAKE IT EASY!     

【深夜便】思い出の流行歌~80年代アイドル歌手の作品から(20200524 柴田祐規子)

Romanticが止まらない C-C-B
NAI・NAI 16 シブがき隊
哀愁でいと(ニューヨーク・シティ・ナイツ) 田原俊彦
気まぐれOne Way Boy The Good-Bye
ハイティーン・ブギ 近藤真彦
ハイスクール ララバイ イモ欽トリオ
涙のtake a chance 風見慎吾
てれてZin Zin 竹本孝之
E気持 沖田浩之
約束 渡辺徹
モニカ 吉川晃司
涙のリクエスト チェッカーズ

 80年代アイドル特集の男性編。

4/14に女性編をやっているので予想はしてましたが男性アイドルだけの特集って意外と珍しいんですよね。
ただ女性編が聖子・明菜のBIG2を除いて80年代全般を網羅したのに比べて、
今回の男性編は80年代前半限定ですよね。
後半を加えると言っても少年隊と光GENJIが増えてグッバイと竹本孝之さんが消えるだけかな・・・と思いますが (^^;)



スポンサーサイト



  1. 2020/05/24(日) 19:27:33|
  2. ラジオ深夜便
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出口はみえてきてるんだから

ニュース見ても緊急事態宣言の解除がー、って話ばかりですが
そもそも連休中に「月末まで延長」って言ったんだから
そこまで待ちましょうよ、ね?

民放は見ないからわからないんだけど
NHKだと相変わらず都県別の数値を見せて
「埼玉・千葉は○、東京はあと一歩、神奈川が足を引っ張ってる」
って解説がつくんだけど
一都三県は一つのものとして考えるって言ってるんだから
もう個別にウダウダ言うの止めていいと思うんですよ。

対立を煽りたいんですかね?

月末まで!一都三県は一蓮托生!
そう決めたことなんだから
東京・埼玉・千葉の人たちでも、
足を引っ張られてるなんて思ってる人、
ほとんどいないと思いますが、どうですか?


  1. 2020/05/21(木) 20:56:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまいち納得できないこと

埼玉は緊急事態宣言が解除されていないままですが

この緊急事態宣言がどうのこうの言い出して以来
「感染拡大予防のため」という名目でスーパーの営業時間短縮とか
有料特急電車の運行本数削減とか、やってきましたよね?

これって限られた時間内・本数に同じ人数が集中して
余計に密度が上がって逆効果なんじゃないのって
ずっと思ってるんですけど。

どう納得したらいいんでしょうか・・・・?

  1. 2020/05/17(日) 17:54:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数字のマジック/数字のトリック

緊急事態宣言の解除がどうのこうのとやってますが
数字の扱いが、その場その場で違うので
正しい判断が出来ているのか怪しいですよね。

連休前から度々登場している主要都市の人出の減少率。
感染拡大前の1~2月との比較で“あんまり減ってない”と煽っていましたが
そもそも一年中で一番寒くて外出頻度が少ない時期と
春休みやゴールデンウイークへ向かっての陽気のいい時期とを比較しても
意味がないのではないかとイライラさせられていました。
比べるのだったら前年の同じ時期ではないかと思うんですよ。

そして連休に入って全国各地の観光地が閑散としていて
ホテル・旅館業や土産物店がピンチだと言う話になると
なぜか前年のデータとの比較が使われているのですよ。

この2つの話題は連続して流れることが多いので
最初は「あれ?」と思わされますが
視聴者の意識を誘導するために比較対象が使い分けられて
(データの提供元も違う)実に巧妙です。

そして緊急事態宣言の解除に向けて登場した
直近1週間の10万人あたりの感染者数。
毎日毎日全国どこかしらの都道府県で発生する感染者をまとめて
「今日は(全国で)○○人の新たな感染者が報告されました」と
やり続けて来ていたくせに、唐突に週単位、都道府県別、
そして10万人あたりという比率。
だったら最初から感染拡大状況もソッチで発表しとけよ、と。

人口の多い首都圏や、全国7大都市(って今でも言うのかな?)は
感染者数も多くて当然なのを、散々「○○で感染者数が増大」って
その地域が極端に汚染されてるような言い方をしてたくせに。

使うデータに一貫性がなくて、世論を誘導したい方向に都合のいいものを
引用してくるというやり方、姑息すぎます。

縦軸の目盛り幅の違うグラフを見せて持論へ引っ張る某氏のやり方を
政府まで当たり前のように行っているとは・・・恐ろしいことです。
1481893183068_20161218124409aac[1]

  1. 2020/05/14(木) 10:40:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【深夜便】昭和歌年鑑~昭和53年の流行歌 (20200505 松井治伸)

カナダからの手紙 平尾昌晃&畑中葉子
モンスター ピンク・レディー
絶体絶命 山口百恵
ドール 太田裕美
迷い道 渡辺真知子
Mr.サマータイム サーカス
ANAK<息子> 杉田二郎
夢追い酒 渥美二郎
ブルースカイブルー 西城秀樹
宿無し 世良公則&ツイスト
 
昭和53年(1978年)の流行歌。

この年からTBSで「ザ・ベストテン」が始まって
ランクインしないと(=売れてないと)テレビで歌えない傾向に。

そこから、ベストテンに入らない=売れてない、という風潮へ。

ベストテンって、その週の上位10曲であって
そこに入るのは選びに選びぬかれたトップ歌手なんですが
どうもそういう理解に至らない人が増えて面倒くさくなった・・・
そんな弊害も生まれたように思います。



  1. 2020/05/05(火) 20:58:45|
  2. ラジオ深夜便
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

マグ

Author:マグ
好きなもの:80年代アイドル、特撮ヒーロー、スーパーロボット大戦、ガンプラ、温泉旅行

最新記事

フリーエリア

カテゴリ

日記 (86)
音楽 (3)
80年代アイドル (0)
70年代アイドル (0)
中森明菜 (0)
中島みゆき (0)
本日のプレイリスト (0)
スパロボ/Gジェネ (55)
ゲーム (1)
プラモデル (18)
おもちゃ (1)
特撮/アニメ (69)
テレビ (4)
ドラマ (5)
旅行 (1)
デジモノ (1)
非公開 (0)
未分類 (0)
堀ちえみ (14)
ラジオ深夜便 (216)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード